薬剤師のお給料はどのくらい?

勤務先によって違う、薬剤師の平均年収

医療従事者というのは高収入なイメージがありますが、薬剤師の収入は実際のところどのくらいなのでしょうか。
厚生労働省の「平成25年賃金構造基本統計調査」によると、10人以上の規模の企業で働く薬剤師の収入の平均は、残業代込みの月収(税金等の控除前)が370,600円、ボーナス等が879,400円という結果になっています。これは年収にすると約533万円になります。
また、短時間労働者、つまりパートタイムでは時給2279円が平均となっています。
薬剤師の給与は全職種合計での平均値よりはやや高いくらいで、医師に比べれば低くなっています。
ただし、ひとくちに薬剤師と言ってもその職場はさまざまで、給与も異なります。
おおまかな傾向としては、病院が低く、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社と高くなっていきますが、もちろん個々の企業によっても異なります。

病院の場合

病院に勤務した場合、年収は約400万〜650万円が目安になります。
なお公立の病院の場合、民間の病院に比べて生涯年収は高くなります。
初任給が手取りで20万円を切ることも多いなど、全体的に給与の水準は低めです。
ただし昇格に応じて給与がアップすることもあり、長く勤めれば薬局やドラッグストアと同水準になります。
また病棟の仕事など、病院の経験でしか積めないスキルややりがいがあります。

調剤薬局の場合

調剤薬局の場合、年収は約400万〜650万円程度が平均です。
管理薬剤師になると年収が500〜650万円程度が多いようです。
また、薬剤師が不足している地方では給与が高くなり、住宅費など手厚い手当が付くこともあります。
大手チェーンの調剤薬局の場合はやや低めの傾向にあり、地方に行っても同じ給与体系である場合が多いようです。

ドラッグストアの場合

ドラッグストア勤務での年収は約400万〜700万円が目安です。
これはチェーンや店舗によりかなり差があります。
薬剤師手当が付くため、初任給の水準は病院や調剤薬局にくらべ高めなことが多いです。
また、店長など管理職になると収入が多くなります。

製薬会社の場合

製薬会社では、職種にもよりますが、約400万〜800万円以上の年収になります。
営業(MR)の場合は成果次第で高い収入を得ることができ、1000万円を超えることもあります。
ただし初任給は低めのケースが多く、また営業では薬剤師の資格は必須ではなく文系出身者も多いです。
研究などの内勤職では他の勤務先に比べて給与はさほど高くは無いですが、昇格次第で給与アップがあるため、生涯年収は高めの傾向にあります。
また、福利厚生がしっかりしており、休日もカレンダー通りに休めるところが大半です。

注目の記事

薬剤師の働き方特集

薬剤師の責任

薬剤師の社会的意義とは?

ページのトップへ戻る