病院での薬剤師の業務内容

新卒薬剤師の希望就職先として人気なのは、病院薬剤師です。様々な仕事内容がありますが、医師が中心の医療機関なので、薬剤師は薬の専門家に徹することが多いです。 医師や看護師と協力しながら仕事をすることも多く、患者さんとのコミュニケーション能力も必要となります。
患者さんに提供する薬を調剤することはもちろん、飲み忘れはないか、ほかの病院からの持参薬があれば、それらとの飲み合わせの影響を考えたり、患者さん自身も気づいていない副作用が出てないか確認したりするのも病院薬剤師の仕事です。
病院で取り扱っている薬の管理は薬剤師に任されることが多いため、仕事内容は多岐に渡ります。 適切な保管方法による在庫管理や院内製剤の調製などの業務に加え、医師や看護師への医薬品情報の提供という仕事もあります。質問を受けたらデータを調べ、返答します。従来とは異なる医薬品の使用法など、論文検索を行うこともあります。必要があれば、質問してきた医師以外にも周知するよう文書を回すこともあります。自分だけが薬のことを理解しておけばいいというものではなく、医師や看護師と連携しながら薬への理解を深めていく必要があります。
病院によっては、治験関連業務に携わることもあります。新薬も薬ですから、病院が治験を実施するときには、薬剤師も製薬会社と協力して適切に試験を行います。
このような専門性の高い業務だらけの病院での仕事に嫌気がさし、ドラッグストアや調剤薬局への転職をする人も多いです。夜勤・当直をこなす病院もあるので、仕事内容がハードであることは覚悟しておきましょう。

注目の記事

薬剤師の働き方特集

薬剤師の責任

薬剤師の社会的意義とは?

ページのトップへ戻る