薬剤師に求められる役割の職場による違い

薬剤師は、ひとくくりに「薬剤師」という単一の仕事として把握して、転職先を探しがちです。ドラッグストアや学術関係は異なる業種との認識はあるでしょうが、病院と調剤薬局では、その役割の違いを考えずに病院から薬局へ、薬局から病院へ転職し、周りの薬剤師に違和感をおぼえるという経験をする人は多いようです。
特に、病院から薬局へ転職すると、薬局薬剤師はレベルが低いと感じてしまうケースが多いです。薬局はカルテが見られない、患者さんの病状を見たことがない、輸液や注射薬に関する知識が乏しいといったことから、薬剤師としてのレベルが低いという結論に至ります。
しかし、薬局薬剤師から見れば、病院薬剤師は調剤報酬、保険に疎いということで、即戦力としては心もとなく感じます。病院では薬剤師はその専門知識を駆使して、他の医療スタッフと連携して患者さんの治療にあたるのが仕事ですが、薬局では、薬剤師が中心となり、医薬品の提供、病院に行くほどではない症状など、ちょっとした健康の不安の相談を受けて、病院受診を促したり、市販薬で様子を見れそうであれば効き目が期待される薬品のアドバイスをしたりと、入院に至る以前の患者さんへの健康指導が主な役割です。
調剤、服薬指導など、基本業務がほぼ同じなので、病院と薬局の薬剤師の職種はいっしょくたにされがちですが、求められている役割がまったく異なるということを念頭におき、自分がなりたいのはどちらの薬剤師かを見極めて転職先を探しましょう。

注目の記事

薬剤師の働き方特集

薬剤師の責任

薬剤師の社会的意義とは?

ページのトップへ戻る