薬剤師として患者と触れ合う重要性

薬剤師の業務は、調剤主体というイメージかもしれませんが、患者さんとの会話も重要な仕事の1つです。しかし、接客や人とのコミュニケーションが苦手な場合、薬剤師として勤務し始めて戸惑いもあるかもしれません。会話のセンスなど、向き不向きも多少はありますが、「慣れ」が一番です。いろんな患者さんとの対話を経験することにより、克服できる場合がほとんどなので、まずは笑顔での接客に励みましょう。毎日一生懸命働いていれば、「ありがとう」と言ってもらえる日が必ずきます。その一言による達成感は何物にも代えがたいものです。
また、薬剤師が患者さんと話をしているうちに、医者が気づかなかった患者さんの悩みに気づくことがあります。薬を飲んで気分が悪くなったとか、他にも飲んでいる薬があったとか、医者が知らない情報を薬剤師に話してくれることもあります。患者さんにとっては大したことないという認識の情報に、とても重大な問題が隠れている場合があります。それを見抜いて、問題を解決できるような薬剤師を目指したいですね。
患者さんが喜んでくれたり、感謝してくれたりといったことは、薬剤師のやる気も盛り上げてくれます。しゃべるのは苦手だから…と最低限の会話で終わろうとせず、積極的にコミュニケーションをとる努力をしましょう。最初は反応がうすくても、たいていの患者さんは、だんだん心を開いていろんなことを相談してくれるようになります。そうして受けた相談への答えを考えることは、スキルアップにもつながります。

注目の記事

薬剤師の働き方特集

薬剤師の責任

薬剤師の社会的意義とは?

ページのトップへ戻る