管理薬剤師の責任

薬剤師の職種として、「管理薬剤師」という仕事があります。
これは調剤薬局やドラッグストアなど、医薬品を置く店舗に配置が義務付けられている、その店舗の責任者のことです。
管理薬剤師になるのに特別必要な条件や資格はありません。しかし、責任者として薬剤師やその他のスタッフをまとめたり、店舗の業務全般について把握したりする必要があります。一般的なお店の「店長」のようなものなので、新卒で薬剤師になったばかりの新人がなることはまずないでしょう。
他の薬剤師と比べて責任は重くなり、その分、それに見合った手当が給与に上乗せされることになります。

プレッシャーに耐えうる精神力

薬剤師は一般社員であっても、人命にかかわる責任が重い仕事です。日々の仕事で精一杯な中で管理薬剤師に任命されると、その過酷さに押し潰されてしまう人もいます。
でも店舗に1人、必ず必要な存在ですしある程度の経験値があれば、ほぼ必ず回ってくる役割です。会社命令であれば、断るのが難しいことも多々あります。出世欲のない人は面倒と思うかもしれませんが、管理薬剤師の経験はキャリアアップの絶好のチャンスです。この経験があるかないかで、次に転職するときの収入も変わってきます。若いうちから積極的に引き受けて、管理者としての「目」を養うことは、その後の仕事に対する姿勢にもいい影響を与えるでしょう。

注目の記事

薬剤師の働き方特集

薬剤師の責任

薬剤師の社会的意義とは?

ページのトップへ戻る